【VSCode】git push時のhost key verification failed対処法

2020年6月27日

当サイトのリンクには広告が含まれています。

VSCodeで新しくブランチ作ってpushしようしたところ"host key verification failed"というエラーが出てしまいました。対処法がわかったので記事として残しておきます。

対処法

以下の画像のようにvscodeのGUIで実行出来るgit pushのやり方だと失敗してしまいます。

そこで、ターミナルを開いて以下のようにコマンドで実行すると成功します。

$ git push --set-upstream origin ブランチ名

一度コマンドで実行して成功したら、次回以降はGUIで実行しても成功しました。

失敗理由

コマンドで実行した際、gitリポジトリ管理元サーバー(githubやgitlab)に本当にアクセスして問題ないか確認されます。

$ git push --set-upstream origin ブランチ名
The authenticity of host 'github.com (13.114.40.48)' can't be established.
RSA key fingerprint is SHA256:~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)?

yesと答えると、gitリポジトリ管理元サーバーへのアクセスが成功し、pushが出来ます。

GUIで実行した場合、この確認に返答することが出来ないため、"host key verification failed"が発生していたようです。

まとめ

VSCodeを利用すると開発が便利になりますが、裏でどのようなコマンドが動いているのか知らないとエラーの解決ができません。

GUIで実行してエラーが発生したら、そのGUIの裏で実行されているコマンドを実行してみて、実際はどのような出力があるのか確認するステップを踏むことで、エラー処理にかかる時間は大幅に短縮できると思います。

また同じようにVSCodeなどのGUIで操作をしてエラーが発生したときにはお試しください。

直近でおすすめの本

直近十数冊読んだ中で一番おすすめの本です。

人が行動をするに至るまでのステップを科学的に分析した上で、その結果を習慣と紐付けて解説してくれている本です。

悪い習慣を断ち、良い習慣を継続する方法を詳細に説明してくれています。習慣が人を作っているので、この本の内容を実践できれば人生を大きく好転させられる気がしました。

この本の最初の方に説明があるのですが、複利という考え方があり毎日1パーセントだけの増加でもそれが続くととてつもない倍率になります。これは投資でよく用いられる概念ですが、良い習慣は未来への投資なので習慣にもあてはまります。良い習慣を身に付けるのは早ければ早いほど良いです。

私はまず長時間YouTubeを見てしまう習慣を断って、直近の業務に役立つITの勉強を習慣として身に付けよう思います。

著:ジェームズ・クリアー, 翻訳:牛原眞弓
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場